身体に重要な乳酸菌

摂取するタイミングと量

乳酸菌を生かした状態で腸まで届かせるためには、乳酸菌の特徴と体の仕組みを正しく理解していなければいけません。乳酸菌は酸に非常に弱いため、胃酸が出ている間に摂取しても菌が死滅してしまいます。胃酸は食事の際に分必させるので食事時の摂取は避けたほうがいいと思います。間食時などに食べると菌が活きたまま腸まで届きます。また乳酸菌を摂取した量は、人体にもたらす効果に非常に関わるのでこちらも正しく理解しておく必要があります。1日に必要な量は300グラム程と言われていて乳酸菌の数は500億個ほどです。商品に記載してある数字を見て摂取する必要があります。食べ過ぎてしまうと体調を崩してしまうかもしれませんし、少ないと効果を実感できないかもしれませんので注意が必要です。

乳酸菌で花粉症のアレルギー対策

乳酸菌には免疫力が向上する効果があります。体内に乳酸菌が増え続けてくると、便秘解消・基礎体温が上がり、基礎代謝が上がります。この効果により、ストレスや疲れで免疫機能が崩れたり、善玉菌の減少で腸内環境が悪くなり発症する花粉症などのアレルギー反応を緩和することができます。花粉症は根本的な原因が発見されておりません。しかし、免疫バランスが崩れたら発症すると言われていますので、腸内の免疫バランスの調整が重要ではないのでしょうか。しかし、即効性はなく花粉症が完治するものではないので、継続して毎日適量を摂取し習慣化しなければいけません。乳酸菌による対策はあくまで適量を摂取し続けて体質を改善するのが狙いです。